2023年11月30日(木曜日)

カビが発生したらどうする?カビ除去のプロに頼むべき?徹底解説



カビが発生したら、放置するなんてもってのほかです。

カビは、アレルギーや喘息、肺炎などの健康被害を引き起こす可能性があります。

また、カビの胞子は、目や鼻、口から体内に入り、中毒症状を引き起こすこともあるのです。


カビが発生してしまったら、早めに対処することが大切です。

しかし、自分で対処するのが難しい場合もあります。

そんなときは、カビ除去の専門業者に依頼することをおすすめします。


本コラムでは、カビが発生した場合の対処方法と、カビ除去の専門業者の選び方について解説します。

カビに悩んでいる方は、ぜひ参考にしてみてください。


このコラムでは、カビの発生原因と種類について解説します。


カビが発生する原因は、湿気、汚れ、温度の3つです。

これらの条件が揃うと、カビはあっという間に繁殖してしまいます。

カビの種類は数多くありますが、代表的なものは、黒カビ、青カビ、コウジカビ、白カビなどです。

それぞれのカビには、特徴や危険性があります。


湿気

カビは、湿度が60%以上になると発生しやすくなります。

そのため、浴室やキッチンなどの水回り、押入れやクローゼットなどの湿気の溜まりやすい場所で発生することが多いのです。


汚れ

カビは、汚れを栄養源とします。

そのため、こまめに掃除を行わずに汚れを溜めておくと、カビが発生しやすくなります。


温度

カビは、温度が25℃以上になると発生しやすくなります。

そのため、日当たりの悪い部屋や、エアコンの効きが悪い部屋で発生することもあります。


・カビの種類

カビの種類は数多くありますが、代表的なものは、以下の4つです。


  • ・黒カビ


黒色の菌糸を持ち、最も一般的なカビです。

浴室やキッチンなどの水回り、衣類や布団などに発生します。


  • 青カビ


青色の菌糸を持ち、食品や木材などに発生します。


  • ・コウジカビ


白色や黄色の菌糸を持ち、食品や酒類などに発生します。


  • ・白カビ


白色の菌糸を持ち、壁や天井などに発生します。

それぞれのカビには、特徴や危険性があります。



黒カビ

黒カビは、最も一般的なカビであり、アレルギーや喘息、肺炎などの呼吸器疾患の原因となる可能性があります。

また、カビの胞子は、目や鼻、口から体内に入り、中毒症状を引き起こすこともあります。


青カビ

青カビは、食品や木材などに発生するカビです。

食品に発生すると、食中毒の原因となる可能性があります。

また、木材に発生すると、木材を腐らせる可能性があります。


コウジカビ

コウジカビは、食品や酒類などに発生するカビです。

食品に発生すると、発酵を促進する働きがあります。

また、酒類に発生すると、風味を良くする働きがあります。


白カビ

白カビは、壁や天井などに発生するカビです。

アレルギーや喘息、肺炎などの呼吸器疾患の原因となる可能性があります。

カビが発生した場合は、早めに対処することが大切です。

自分で対処するのが難しい場合は、カビ除去の専門業者に依頼することをおすすめします。



カビが発生した場合、自分で対処することも可能です。

ただし、カビの胞子はアレルギーや呼吸器疾患の原因となる可能性があるため、作業の際にはマスクやゴーグルなどを着用して、カビの胞子が飛散しないように注意しましょう。

また、カビの種類によっては、毒性を持つものもあるため、作業前にカビの種類を調べておくとよいでしょう。

カビを自分で対処する方法には、以下の2つの方法があります。


  • ・カビ除去剤を使用する方法

カビ除去剤は、市販でさまざまな種類が販売されています。

カビの種類や発生場所に合わせて、適切なカビ除去剤を選びましょう。

カビ除去剤を使用する際は、以下の手順で作業します。


1.カビが発生した場所を掃除して、汚れやホコリを落とします。

2.カビ除去剤をカビに直接スプレーします。

3.カビ除去剤が乾くまで、しばらく放置します。

4.カビ除去剤が乾いたら、カビを拭き取ります。


  • ・漂白剤を使用する方法

漂白剤は、カビ除去剤の代わりに使用することもできます。

漂白剤を使用する際は、以下の手順で作業します。


  1. 1.カビが発生した場所を掃除して、汚れやホコリを落とします。
  2. 2.漂白剤をカビに直接塗布します。
  3. 3.漂白剤を塗布した部分を、ビニール袋などで覆って、30分ほど放置します。
  4. 4.ビニール袋を外し、カビを拭き取ります。


カビを自分で対処する場合は、以下の点に注意しましょう。


  • カビの胞子が飛散しないように注意する


カビの胞子は、アレルギーや呼吸器疾患の原因となる可能性があるため、作業の際にはマスクやゴーグルなどを着用して、カビの胞子が飛散しないように注意しましょう。


  • カビの種類によっては、毒性を持つものもあるため、作業前にカビの種類を調べておくとよい


カビの種類によっては、毒性を持つものもあります。

作業前にカビの種類を調べておくと、作業の際に必要な対策を講じることができます。


  • カビを完全に除去するためには、数回に分けて作業する必要がある

カビは、一度除去しても、根元から除去できていない場合、すぐに再発することがあります。

カビを完全に除去するためには、数回に分けて作業する必要があるでしょう。


・カビの再発を防ぐために

カビを除去した後は、カビの再発を防ぐために、以下の対策を行いましょう。


  • 湿気を溜めないようにする


カビは、湿度の高い場所を好みます。

浴室やキッチンなどの水回りは、こまめに換気して、湿気を逃がしましょう。

また、洗濯物や衣類は、すぐに乾燥させましょう。


  • 汚れを溜めないようにする


カビは、汚れやホコリなどの有機物を栄養源としています。

浴室やキッチンなどの水回りは、こまめに掃除しましょう。

また、洗濯物や衣類は、汚れが付着したらすぐに洗濯しましょう。

カビは、人体に悪影響を及ぼす可能性があるため、早めに対処することが大切です。

自分で対処するのが難しい場合は、業者に依頼するのもよいでしょう。




カビの発生がひどい場合や、自分で対処するのが難しい場合は、業者に依頼するのがよいでしょう。

業者は、特殊な機材や薬剤を使用して、カビを徹底的に除去してくれます。



・業者の選び方

カビの業者は、数多く存在します。

業者を選ぶ際には、以下のポイントに注意しましょう。



  • 実績が豊富な業者を選ぶ

カビの除去は、経験と技術が求められます。

実績が豊富な業者を選ぶことで、安心して依頼することができます。


  • 保証が充実している業者を選ぶ

カビの除去は、完全に除去するのが難しい場合があります。

保証が充実している業者を選ぶことで、万が一の際にも安心です。


  • 費用が明瞭な業者を選ぶ

カビの除去費用は、業者によって異なります。費用が明瞭な業者を選ぶことで、予算を立てやすくなります。



・見積もりを複数取る

複数の業者から見積もりを取ることで、適正な費用でカビ除去を依頼することができます。

見積もりを依頼する際には、以下の項目を明記しておきましょう。


● 作業内容
● 費用
● 保証内容
● 作業日程





・契約書を交わす

業者と契約する際には、契約書を交わしましょう。


契約書には、作業内容や費用、保証内容などを明記しておくとよいでしょう。



・業者選びに迷ったら?




ゴールドモアJapan|建物のカビ除去・カビクリーニングの専門業者 (goldmorr.jp)


Goldmorr(ゴールドモア)がおすすめです。

Goldmorr(ゴールドモア)は、世界最大手の建物カビ除去・カビクリーニングの専門業者集団です。

1998年の創業以来、20年以上にわたってカビ除去の技術とノウハウを蓄積し世界をリードしてきました。

Goldmorrの特徴は、以下の3つです。



  • 高い技術力

Goldmorrでは、カビの種類や発生原因に合わせて、最適な除去方法を採用しています。

また、特殊な機材や薬剤を駆使して、カビを徹底的に除去します。


  • 豊富な実績

Goldmorrは、これまでに多くのカビ除去実績を積み重ねています。

海外の大手企業をはじめ、個人宅やマンションなどの幅広い施設で、カビ除去を行っています。


  • 明瞭な料金体系

Goldmorrでは、カビ除去の料金を明瞭に提示しています。

Goldmorrは、カビの発生がひどい場合や、自分で対処するのが難しい場合に、おすすめの業者です。


Goldmorrの指定テクニシャン カビ除去のプロ クリーンメイト

https://cleanmate-tokushu.com/


カビを業者に依頼する際、おすすめの業者として、Goldmorrのテクニシャンであるクリーンメイトが挙げられます。

クリーンメイトは、カビ除去の専門業者としての実績があります。

また、費用も明瞭です。

クリーンメイトでは、以下の3つのステップでカビ除去を行います。


  1. 1.調査・診断

まず、専門のスタッフが現地調査を行い、カビの種類や発生原因を診断します。


  1. 2.除去

カビの種類や発生原因に合わせて、適切な除去方法でカビを除去します。


  1. 3.再発防止対策

カビの再発を防ぐために、必要な対策を行います。



クリーンメイトのカビ除去は、以下のようなメリットがあります。

  • ● 高い技術力で、カビを徹底的に除去
  • ● 多くの実績で、安心して任せられる
  • ● あらゆるカビに精通しているので、万が一の際にも安心
  • ● 費用が明瞭なので、納得して依頼できる


カビの発生がひどい場合や、自分で対処するのが難しい場合は、ぜひクリーンメイトにご相談ください。


カビの再発を防ぐために

カビを業者に依頼して除去しても、カビの発生原因がそのままであれば、再発する可能性があります。

カビの再発を防ぐために、以下の対策を行いましょう。


  • ・湿気を溜めないようにする


カビは、湿度の高い場所を好みます。浴室やキッチンなどの水回りは、こまめに換気して、湿気を逃がしましょう。

また、洗濯物や衣類は、すぐに乾燥させましょう。


  • ・汚れを溜めないようにする


カビは、汚れやホコリなどの有機物を栄養源としています。

浴室やキッチンなどの水回りは、こまめに掃除しましょう。

また、洗濯物や衣類は、汚れが付着したらすぐに洗濯しましょう。



カビは、湿気、汚れ、温度の3つの条件が揃うと発生します。

そのため、以下の場所はカビが発生しやすいと言えます。


  • ● 浴室

浴室は、湿度が高く、汚れが溜まりやすいため、カビが発生しやすい場所です。

特に、浴室の壁や天井、床、浴槽、排水口、換気扇周りには注意が必要です。


  • ● キッチン

キッチンは、調理や洗い物などで水や汚れが飛び散りやすいため、カビが発生しやすい場所です。

特に、シンク周り、台所の壁や天井、冷蔵庫や洗濯機の裏側には注意が必要です。


  • ● 洗面所

洗面所は、洗濯や歯磨きなどで水や汚れが飛び散りやすいため、カビが発生しやすい場所です。

特に、洗面台周り、鏡の裏側、排水口周りには注意が必要です。


  • ● 押入れやクローゼット

押入れやクローゼットは、湿気が溜まりやすいため、カビが発生しやすい場所です。

特に、湿気や汚れが溜まりやすい衣類や布団には注意が必要です。


  • ● 窓の結露

窓の結露は、カビが発生しやすい環境です。

窓の結露を放置すると、窓枠やサッシ、壁などにカビが発生する可能性があります。


  • ● エアコンの内部

エアコンの内部は、湿気が溜まりやすいため、カビが発生しやすい場所です。

エアコンの内部のカビは、空気中に拡散して健康被害を引き起こす可能性があります。


これらの場所でカビが発生した場合は、以下の対策を講じましょう。


● 湿気対策

カビは、湿度が60%以上になると発生しやすくなります。

そのため、以下の方法で湿気対策を行いましょう。


・ 換気をこまめにおこなう
・ 浴室や洗面所の換気扇をつける
・ エアコンの除湿機能を利用する
・ 洗濯物をすぐに乾かす


● 汚れ対策

カビは、汚れを栄養源とします。そのため、以下の方法で汚れ対策を行いましょう。

・ こまめに掃除する
・ 汚れをためない



● 温度対策


カビは、温度が25℃以上になると発生しやすくなります。

そのため、以下の方法で温度対策を行いましょう。


・ エアコンで室温を調節する
・ 日当たりの悪い部屋は、こまめに換気する



カビが発生してしまった場合、自分で対処するのが難しい場合は、業者に依頼しましょう。

業者は、特殊な機材や薬剤を駆使して、カビを徹底的に除去することができます。

また、カビの再発を防ぐために、以下の対策も行いましょう。


● 定期的に掃除する

カビの再発を防ぐためには、定期的に掃除を行い、汚れを溜めないようにすることが大切です。


● 換気をこまめに行う

換気をこまめに行うことで、湿気を溜めないようにすることができます。


● エアコンの内部を清掃する

エアコンの内部は、カビが発生しやすい場所です。

定期的にエアコンの内部を清掃することで、カビの発生を防ぐことができます。

カビは、放置しておくと、健康被害を引き起こす可能性があります。

カビが発生した場合は、早めに対処しましょう。



カビは、湿気、汚れ、温度の3つの条件が揃うと発生します。

そのため、カビの予防には、これらの条件をできるだけ排除することが大切です。


● 湿気対策

カビは、湿度が60%以上になると発生しやすくなります。

そのため、以下の方法で湿気対策を行いましょう。



・換気をこまめに行う

換気をこまめに行うことで、室内の湿気を逃がすことができます。

1時間に1回、5分程度の換気を心がけましょう。



・浴室や洗面所の換気扇をつける

浴室や洗面所は、湿気が溜まりやすい場所です。

浴室や洗面所の換気扇は、必ずつけましょう。



・エアコンの除湿機能を利用する

エアコンの除湿機能を利用することで、室内の湿気を効率的に除湿することができます。



・洗濯物をすぐに乾かす


洗濯物をすぐに乾かすことで、洗濯物から出る湿気を室内に溜め込まないようにすることができます。




● 汚れ対策


カビは、汚れを栄養源とします。そのため、以下の方法で汚れ対策を行いましょう。


・こまめに掃除する


こまめに掃除を行うことで、汚れを溜めないようにすることができます。

特に、浴室やキッチンなどの水回りは、汚れが溜まりやすいため、こまめに掃除しましょう。


・汚れを溜めない


汚れを溜めないようにすることで、カビの発生を防ぐことができます。

洗濯物や布団は、こまめに干して、湿気を溜めないようにしましょう。



● 温度対策


カビは、温度が25℃以上になると発生しやすくなります。

そのため、以下の方法で温度対策を行いましょう。


・エアコンで室温を調節する


エアコンで室温を調節することで、室内の温度を適切に保つことができます。


・日当たりの悪い部屋は、こまめに換気をする


日当たりの悪い部屋は、湿気が溜まりやすいため、こまめに換気をしましょう。


・カビの再発防止


カビが発生してしまった場合、自分で対処するのが難しい場合は、業者に依頼しましょう。

業者は、特殊な機材や薬剤を駆使して、カビを徹底的に除去することができます。


また、カビの再発を防ぐために、以下の対策も行いましょう。



・定期的に掃除する


カビの再発を防ぐためには、定期的に掃除を行い、汚れを溜めないようにすることが大切です。



・換気をこまめに行う


換気をこまめに行うことで、湿気を溜めないようにすることができます。



・エアコンの内部を清掃する


エアコンの内部は、カビが発生しやすい場所です。

定期的にエアコンの内部を清掃することで、カビの発生を防ぐことができます。


カビは、放置しておくと、健康被害を引き起こす可能性があります。カビが発生した場合は、早めに対処しましょう。





カビに関するよくある質問を、Q&A形式でご紹介します。

Q1.

カビはどこにでも発生するのでしょうか?

カビは、湿気汚れ温度3つの条件が揃うと発生します。

そのため、浴室やキッチンなどの水回り、押入れやクローゼットなどの湿気の溜まりやすい場所、エアコンの内部など、さまざまな場所で発生する可能性があります。

Q2.

カビはどんな種類があるのでしょうか?

カビの種類は数多くあり、その数は数万とも言われています。
代表的なカビの種類としては、以下のようなものがあります。

黒カビ
黒色の菌糸を持ち、最も一般的なカビです。浴室やキッチンなどの水回り、衣類や布団などに発生します。

青カビ
青色の菌糸を持ち、食品や木材などに発生します。

コウジカビ
白色や黄色の菌糸を持ち、食品や酒類などに発生します。

白カビ
白色の菌糸を持ち、壁や天井などに発生します。

Q3.

カビは健康にどのような影響を与えるのでしょうか?

カビは、アレルギーや喘息、肺炎などの呼吸器疾患の原因となる可能性があります。

また、カビの胞子は、目や鼻、口から体内に入り、中毒症状を引き起こすこともあります。

Q4.

カビを自分で除去する方法はありますか?

軽度のカビであれば、自分で除去することも可能です。

ただし、カビの種類や発生範囲によっては、自分で除去するのが難しい場合もあります。

また、カビを除去する際には、マスクや手袋を着用して、きちんと換気を行うようにしましょう。

カビを自分で除去する方法としては、

● 市販のカビ取り剤を使用する

● 重曹水を使用する

などがあります。

Q5.

カビを業者に依頼する場合は、どのようなことに注意すればよいのでしょうか?

カビを業者に依頼する際には、以下のことに注意しましょう。

● 見積もりを取る

複数の業者から見積もりを取ることで、適正な費用でカビ除去を依頼することができます。

● 契約書を交わす

作業内容や費用、保証内容などを明記した契約書を交わしましょう。

● 作業内容を確認する

作業内容を事前に確認しておくことで、安心して作業を依頼することができます。

Q5.

カビの再発を防ぐためには、どうしたらよいのでしょうか?

● 湿気対策を行う

浴室やキッチンなどの水回りは、こまめに換気をして、湿気を溜めないようにしましょう。
また、洗濯物や布団は、すぐに乾かすようにしましょう。

● 汚れ対策を行う

こまめに掃除を行い、汚れを溜めないようにしましょう。

特に、浴室やキッチンなどの水回りは、汚れが溜まりやすいため、こまめに掃除しましょう。

● 温度対策を行う

エアコンで室温を調節して、室内の温度を適切に保つようにしましょう。

カビが発生したら、早めに対処することが大切です。

自分で対処するのが難しい場合は、カビ除去の専門業者に依頼することをおすすめします。


● 自分で対処する場合

自分で対処する場合は、以下のことに注意しましょう。

  • ・ マスクや手袋を着用して、きちんと換気を行うようにしましょう。
  • ・ カビの種類や発生範囲に応じた対処方法をとるようにしましょう。
  • ・ カビを除去した後は、再発防止のために湿気対策や掃除を徹底しましょう。


● カビ除去の専門業者に依頼する場合

カビ除去の専門業者に依頼する場合は、以下のことに注意しましょう。

  • ・ 複数の業者に見積もりを取るようにしましょう。
  • ・ 契約書を交わすようにしましょう。
  • ・ 作業内容を確認するようにしましょう。


カビの再発防止

カビの再発を防ぐためには、以下のことに気をつけましょう。

  • ・ 湿気対策を行う
  • ・ 汚れ対策を行う
  • ・ 温度対策を行う


これらの対策を心がけることで、カビの発生を防ぎ、快適な暮らしを送ることができます。

カビが発生したら、早めに対処することが大切です。

自分で対処するのが難しい場合は、カビ除去の専門業者に依頼することをおすすめします。

また、カビの再発を防ぐために、湿気対策や掃除を徹底しましょう。

クリーンメイトは、関西エリア一円で遺品整理特殊清掃、生前整理およびリサイクル品回収・買取、ゴミ屋敷片付け、法人向けサービスなども行っています。

また、関東・東海エリアやその他エリアにも対応可能ですので、お気軽にお問い合わせください。

お問合せは24時間対応(相談・見積もり無料)です。

素早く日程調整を行いますので、どんな状況であるかや、カビの発生などお困りのことをスタッフへお伝えくださいませ。

お急ぎの方はこちらのお電話からお問合せ
メールからお問合せ
LINEからお問合せ

タグ検索

Gordmorr おすすめ カビ カビ除去 タイミング 事故物件 処理方法 孤独死 床上浸水 床下浸水 業者 業者の選び方 水害 消臭方法 火災 火災消臭 煤除去 発見 罹災証明 自然災害 臭い 費用

最近の投稿