2023年12月8日(金曜日)

床下浸水したらどうする?水害復旧のプロが徹底解説!



豪雨や台風などの自然災害、近隣の工事や水道管の破損などの人為的な原因で、床下浸水の被害に遭うことがあります。

床下浸水は、放置すると建物や家財に大きな被害をもたらすため、早急な対処が必要です。

このコラムでは、床下浸水の原因や被害、緊急対処法、復旧・修繕、保険適用、予防対策などについて、水害復旧のプロ クリーンメイトが徹底解説します。

床下浸水は、豪雨や台風などの自然災害、近隣の工事や水道管の破損などの人為的な原因で発生します。

床下浸水が発生すると、建物や家財に大きな被害をもたらすため、早急な対処が必要です。


1. 床下浸水の原因

床下浸水の原因は、主に以下の3つです。


・自然災害

豪雨や台風などの自然災害で、河川や下水道から水が溢れ、床下まで浸水することがあります。

・人為的な原因

近隣の工事や水道管の破損などで、床下に水が浸入することがあります。

・老朽化や劣化による給排水管の破損

給排水管が老朽化や劣化によって破損し、床下に水が浸入することがあります。

2. 床下浸水の被害

床下浸水の被害は、以下のとおりです。


・家財の損害

床下浸水で家財に浸水すると、家具や家電、衣類などが損傷することがあります。

・建物の損害

床下浸水で建物に浸水すると、木材やコンクリートが腐食したり、シロアリが発生したりすることがあります。


床下浸水で建物が損傷


・カビやダニなどの発生

床下浸水でカビやダニが発生すると、健康被害を引き起こす可能性があります。




床下浸水に気づいたら、すぐに以下の緊急対処を行いましょう。


1. 電源やガスの供給を停止する

床下浸水で電気配線やガス管が損傷している可能性があります。

そのため、電源やガスの供給を停止し、安全を確保しましょう。


2. 床下から水を汲み上げる




バケツやポンプなどを使って、床下から水を汲み上げましょう。

水量が多い場合は、排水ポンプを使うと効率的です。



3. 床下を乾燥させる





床下から水を汲み上げた後は、床下を乾燥させましょう。

サーキュレーターや扇風機などを使い、空気を循環させます。







また、除湿機を使うと、より効果的に乾燥させることができます。


4. 家財の被害状況を確認する

床下から水が上がってきた場合は、家財の被害状況を確認しましょう。

浸水した家財は、カビやダニの発生、悪臭の原因になるため、早めに処分しましょう。


5. 保険適用の確認をする

床下浸水が保険適用になるかどうかを確認しましょう。

火災保険や地震保険の「水災補償」で適用される場合があります。


6. 業者に依頼する

床下浸水の被害が大きい場合は、業者に依頼しましょう。

業者に依頼することで、専門的な知識と技術で被害を最小限に抑えることができます。




床下浸水の被害が大きい場合は、復旧・修繕が必要です。復旧・修繕は、プロに依頼するのがおすすめです。


1. 床下や家財の清掃

床下浸水で汚れた床下や家財は、清掃が必要です。

床下は、専門の清掃機器を使って、汚れやカビを除去します。家財は、浸水の程度によって、清掃や処分が必要になります。


2. 床下や建物の修繕

床下や建物に損傷がある場合は、修繕が必要です。

床下は、損傷した部分を補修したり、防水処理をしたりします。

建物は、損傷の程度によって、部分的な修繕や全面的な修繕が必要になる場合があります。


3. カビやダニの駆除

床下浸水で発生したカビやダニは、駆除が必要です。

カビやダニは、健康被害を引き起こす可能性があります。カビやダニの駆除は、専門業者に依頼するのがおすすめです。


4. 悪臭の除去

床下浸水で発生した悪臭は、除去が必要です。

悪臭は、生活環境に悪影響を及ぼします。悪臭の除去は、除湿機や消臭剤などで対処できます。


5. 保険適用の申請

床下浸水が保険適用になる場合は、保険会社に申請しましょう。

保険会社に申請することで、修繕費用の一部を補償してもらえます。




床下浸水の被害が大きい場合は、火災保険や地震保険の「水災補償」で適用される場合があります。


1. 火災保険の水災補償


火災保険の水災補償は、火災や落雷などの自然災害による水害を補償するものです。

床下浸水も、火災保険の水災補償の対象になる場合があります。

火災保険の水災補償の対象になるかどうかは、保険会社によって異なります。

そのため、保険会社に連絡して確認しましょう。

また、保険証券に、水災補償の記載があるかどうかも確認しましょう。


2. 地震保険の水災補償


地震保険の水災補償は、地震や噴火、津波などの自然災害による水害を補償するものです。

床下浸水も、地震保険の水災補償の対象になる場合があります。

地震保険の水災補償の対象になるかどうかは、保険会社によって異なります。

そのため、保険会社に連絡して確認しましょう。

また、保険証券に、水災補償の記載があるかどうかも確認しましょう。


3. 保険適用の条件


火災保険や地震保険の水災補償の適用条件は、保険会社によって異なります。

一般的には、以下の条件を満たす必要があります。


・地盤面から45cm以上の浸水

・再調達価額の30%以上の損害


地盤面から45cm以上の浸水があった場合は、火災保険や地震保険の水災補償の対象になる可能性が高いです。

また、再調達価額の30%以上の損害があった場合も、火災保険や地震保険の水災補償の対象になる可能性があります。


4. 保険金の請求手続き


火災保険や地震保険の水災補償の保険金請求手続きは、保険会社によって異なります。

一般的には、以下の手順で行います。


1.保険会社に連絡する

2.保険金請求書を提出する

3.被害の状況を証明する資料を提出する


保険会社に連絡する際には、以下の情報を伝えましょう。

氏名

住所

電話番号

保険証券番号

被害状況


保険金請求書には、以下の情報を記入しましょう。


氏名

住所

電話番号

保険証券番号

被害状況

損害額


被害の状況を証明する資料としては、以下のようなものが考えられます。


床下浸水の写真を撮る

床下浸水の被害を受けた家財の写真を撮る

床下浸水の被害を受けた家財を処分した際の領収書


保険金請求手続きは、早めに行うことが大切です。

保険金の請求期限は、保険会社によって異なります。


5. 保険適用の注意点


火災保険や地震保険の水災補償を適用する場合、以下の点に注意しましょう。


・保険契約の内容を確認する

・保険金の請求期限を守る

・必要書類を揃える


保険契約の内容を確認せずに保険金請求をすると、保険適用にならない場合があります。

また、保険金の請求期限を守らないと、保険金が支払われない場合があります。

また、必要書類を揃えておかないと、保険金請求が遅れる場合があります。



床下浸水の被害を未然に防ぐためには、予防対策をすることが大切です。


1. 床下換気の確保


床下は、湿気がこもりやすい場所です。

そのため、床下換気を確保して、湿気を逃がすことが大切です。

床下換気には、以下の方法があります。


・通気口の設置

・換気扇の設置


通気口を設置する場合は、10cm程度の隙間を開けて、通気口を設置しましょう。

換気扇を設置する場合は、風量の大きい換気扇を設置しましょう。


2. 排水口の防水対策


床下に排水口がある場合は、防水対策をしましょう。

防水対策をすることで、排水口から水が漏れるのを防ぐことができます。

防水対策には、以下の方法があります。


・防水シートの設置

・防水塗料の塗布


防水シートを設置する場合は、床下全体に防水シートを敷き詰めましょう。

防水塗料を塗布する場合は、排水口の周囲をしっかりと塗布しましょう。


3. 給排水管の点検


給排水管が老朽化や劣化している場合は、破損する可能性があります。

そのため、給排水管の点検を定期的に行うことが大切です。

給排水管の点検には、以下の方法があります。


・目視による点検

・カメラによる点検


目視による点検では、目で見て破損や異常がないか確認しましょう。

カメラによる点検では、カメラを管の中に入れて、内部の状況を確認しましょう。


4. 土砂の堆積防止


床下に土砂が堆積すると、水はけが悪くなり、浸水の原因になる可能性があります。

そのため、床下に土砂が堆積しないようにしましょう。

床下に土砂が堆積しないようにするには、以下の方法があります。


・床下清掃を定期的に行う

・床下ネットの設置


床下清掃を定期的に行うことで、土砂を除去することができます。

床下ネットを設置することで、土砂が床下に入るのを防ぐことができます。


5. 保険への加入


床下浸水の被害に備えて、保険への加入も検討しましょう。


火災保険や地震保険の水災補償に加入することで、床下浸水の被害に遭った場合、保険金で修繕費用を補償してもらえます。


6. 避難場所の確認


床下浸水が発生した場合、自宅に避難できない場合があります。

そのため、避難場所を事前に確認しておきましょう。

避難場所は、自宅から近い場所にあることが望ましいです。

また、避難所の場所や連絡先を、家族で共有しておきましょう




床下浸水の被害が大きい場合は、水害復旧のプロに依頼するのがおすすめです。


水害復旧のプロに依頼するメリットは、以下のとおりです。



・迅速かつ丁寧な対応

水害復旧のプロは、迅速かつ丁寧な対応で被害を最小限に抑えます。



・専門的な知識と技術

水害復旧のプロは、床下浸水の復旧・修繕に関する専門的な知識と技術を持っています。



・保険適用のサポート

水害復旧のプロは、保険適用のサポートもしてくれるため、安心して任せることができます。

水害復旧のプロに依頼する際には、以下のポイントを押さえましょう。



・実績と経験を重視する

実績と経験が豊富なプロは、床下浸水の復旧・修繕に関する知識と技術を備えています。

また、迅速かつ丁寧な対応も期待できます。



・保険適用のサポートがあるか確認する

保険適用の申請は、専門的な知識が必要です。

保険適用のサポートがあるプロであれば、申請の手続きも安心して任せることができます。



・見積もりの内容を比較する

見積もりの内容を比較して、費用や作業内容をしっかり確認しましょう。

また、見積もりには、保証期間や保証内容も記載されているため、確認しておきましょう。

水害復旧のプロに依頼することで、被害を最小限に抑え、安心して生活を再開することができます。



床下浸水の被害が発生した場合、水害復旧のプロに依頼するのがおすすめです。

しかし、水害復旧のプロはたくさんあり、どの業者に依頼すればよいか迷う方も多いでしょう。

ここでは、水害復旧のプロの選び方のポイントをご紹介します。


1. 実績と経験を重視する


実績と経験が豊富なプロは、床下浸水の復旧・修繕に関する知識と技術を備えています。

また、迅速かつ丁寧な対応も期待できます。

実績と経験を確認するには、ホームページや口コミサイトなどで情報を収集しましょう。

また、実際に見積もりを依頼して、担当者の対応や見積もりの内容を確認するのもよいでしょう。


2. 保険適用のサポートがあるか確認する


床下浸水の被害が大きい場合は、火災保険や地震保険の水災補償が適用になる場合があります。


保険適用のサポートがあるプロであれば、保険適用の申請の手続きも安心して任せることができます。


保険適用のサポートがあるかどうかは、ホームページや見積もり依頼時に確認しましょう。


3. 見積もりの内容を比較する


費用や作業内容は、業者によって異なります。

複数の業者に見積もりを取ることで、費用や作業内容を比較することができます。


見積もりの内容を比較する際には、以下の点に注意しましょう。


・費用は、税込で記載されているかを確認する

・作業内容は、具体的に記載されているかを確認する

・保証期間や保証内容は、明記されているかを確認する


4. 契約書を交わす


契約書を交わすことで、作業内容や費用などのトラブルを防ぐことができます。


契約書には、以下の内容を記載しておきましょう。


・作業内容

・費用

・保証期間

・保証内容

・解約条件


水害復旧のプロに依頼する際の注意点


水害復旧のプロに依頼する際には、以下の点に注意しましょう。


・急いで業者を決めない

・複数の業者に見積もりを取る

・見積もりの内容をしっかり確認する

・契約書を交わす


水害復旧のプロとしておすすめの業者




クリーンメイトは、大阪府大阪市に本社を置く、災害復旧 特殊清掃専門会社です。

水害復旧にも力を入れており、一般社団法人 日本レストレーション協会認定企業でもあります。


クリーンメイトの水害復旧の特徴は、以下のとおりです。



・ハイスペックの除湿器や送風機と除湿理論(絶対湿度や相対湿度、温度、乾燥条件)で圧倒的なカビ対策や乾燥能力を実現

・湿度や乾燥状態の可視化を実現

・豊富な実績と経験を持つプロが在籍

・保険適用のサポートが充実

・丁寧な作業と安心の保証


クリーンメイトは、床下浸水の被害を最小限に抑え、最新鋭のアメリカのハイスペック水害資機材で安心して生活を再開できるよう、迅速かつ丁寧な対応でサポートいたします。



床下浸水の被害が発生した場合、水害復旧のプロに依頼するのがおすすめです。

ここでは、水害復旧のプロとしておすすめのクリーンメイトについてご紹介します。




クリーンメイトの特徴

クリーンメイトは、大阪府大阪市に本社を置く、特殊清掃専門会社です。

水害復旧にも力を入れており、一般社団法人 日本レストレーション協会認定企業でもあります。


クリーンメイトの水害復旧の特徴は、以下のとおりです。



  • 豊富な実績と経験を持つプロが在籍


クリーンメイトには、床下浸水の復旧・修繕に関する豊富な実績と経験を持つプロが在籍しています。

また、一般社団法人 日本レストレーション協会にも認定されており、高い技術と知識を備えています。



  • 保険適用のサポートが充実


床下浸水の被害が大きい場合は、火災保険や地震保険の水災補償が適用になる場合があります。

クリーンメイトでは、保険適用のサポートが充実しており、保険適用の手続きも安心して任せることができます。



  • 丁寧な作業と安心の保証


クリーンメイトは、床下浸水の被害を最小限に抑え、安心して生活を再開できるよう、迅速かつ丁寧な対応でサポートいたします。


また、作業には万全の保証が付いており、万が一のトラブルにも対応いたします。



クリーンメイトの水害復旧の流れ


クリーンメイトの水害復旧は、以下の流れで作業を行います。


1.状況確認

まずは、床下浸水の状況をしっかりと確認します。浸水の程度や範囲、被害状況などを把握します。


2.清掃

浸水した水や汚れを、排水ポンプやバキュームと高圧洗浄が一体となった特殊な機材をを使って高圧洗浄清掃します。

3.カビ除去

床下や家財に付着した汚れやカビを徹底的に除去します。


4.乾燥

清掃やカビ除去が終わったら、床下や家財を乾燥させます。

除湿機やサーキュレーターなどを使い、湿気を逃がします。


5.修繕

必要に応じて、床下や家財の修繕を行います。

破損した床下を補修したりします。


クリーンメイトに依頼するメリット

クリーンメイトに依頼するメリットは、以下のとおりです。

・迅速かつ丁寧な対応で被害を最小限に抑える

クリーンメイトは、豊富な実績と経験を持つプロが迅速かつ丁寧に対応いたします。

また、保険適用のサポートも充実しており、安心して依頼することができます。


・安心の保証で万が一のトラブルにも対応


クリーンメイトの水害復旧には、万全の保証が付いています。万が一のトラブルにも対応いたしますので、安心して依頼することができます。


クリーンメイトへのご相談

クリーンメイトは、24時間365日、お電話でのご相談を受け付けております。お気軽にご相談ください。


お急ぎの方はこちらのお電話から
メールからお問合せ
LINEからお問合せ

タグ検索

Gordmorr おすすめ カビ カビ除去 タイミング 事故物件 処理方法 孤独死 床上浸水 床下浸水 業者 業者の選び方 水害 消臭方法 火災 火災消臭 煤除去 発見 罹災証明 自然災害 臭い 費用

最近の投稿